Portfolio

Thesingbreaksuptheprotractedponderoussilence.

世界中の伝承と地形をピースとして捉え,それらをつなぎ合わせることで新たな大陸を立ち上がらせる

世界中に口頭伝承がある.繰り返し継承する必要があるため,身体が覚えやすいように構成されており,唄のようである.

文字は平面的だが,声は肉体を伴うため立体的である.

刺繍部にもテキスト(伝承物語+自分の物語)が隠されている.ガラス板(SomedaySomedayシリーズ)では文字を読むために影を手掛かりとした.今作は,糸の反射を手掛かりに文字が立ち上がる.

影や反射は立体物に生じる。私は口頭伝承を肉体(立体)として捉えており,印刷された文字では生じ得ない,影や反射を与えている.

文字は情報であり,読み・読まれることを目的としている.しかし,土地の物語は,その土地で生きた人間しか聞き取れない土地や動物の声を唄にしており,本来,文字情報で読み解くことができない.

作品の形態上,文字を使わざるを得ないが文字から情報をはぎとり痕跡のみを残し,裂け目,断層,傷,孔として機能させている.

Credits

Photographer - CRISPY EGG Gallery